古事記や日本神話の神様を紹介する日本の神様辞典

日本をつくり、かため、なされた神々

草々が語り、土が息づく日本には遠い昔、神代の時代より数多の神々が力を合わせて日本をつくり、かため、なされてきました。
有名どころで言えば、古事記や日本書紀で語られる神話です。

そして、あなたの知らない地域に根付く神々が沢山おられます。
そんな神様方を少しわかりやすくイラスト付きで紹介する日本の神様辞典

古事記など日本の神様を紹介する神様辞典

古事記など日本の神様を紹介する神様辞典

古事記など日本の神様を紹介する神様辞典

古事記など日本の神様を紹介する神様辞典

古事記など日本の神様を紹介する神様辞典

古事記と日本書紀の神様

日本をつくり、かため、なされた神々

約1300年前に日本の国家プロジェクトとして制作された2冊の歴史書。
この2冊に登場する神様の個性はとてもユニークです。

泣き虫だった神様が成長して出雲の英雄になり
太陽の神様が岩戸にこもられた際に裸同然の姿で舞を舞われたり
愛しい妻を失った悲しみから泣きながら死の国まで追いかけて行ったり

日本の神様は特に共通する点ではありますが、
特に古事記と日本書紀の神様は人間臭く魅力的な神々であふれています。

古事記と日本書紀の神様

古事記と日本書紀の神様一例

日本をつくり、かため、なされた神々

古事記と日本書紀の神様一例 古事記と日本書紀の神様一例

古事記と日本書紀の神様一覧

カムイ

アイヌの広大な自然と共にある神々

アイヌでも日本本土と同じように
『この世のモノには霊魂が宿る』と考えられています

人々の力が及ばないモノ、生活に大切なモノ、人の及ばぬ知恵を与えるモノ
アイヌの人々はこれらすべてをカムイと呼び尊びました。

自然現象や動植物・人間自身や人間の作った道具など
様々なカムイがいらっしゃいます

カムイ

カムイの一例

アイヌの広大な自然と共にある神々

カムイの一例 カムイの一例

カムイ一覧

民間信仰

地方に土着した神々

日本には土地土地によって様々な
土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております

これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、
のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

民間信仰

民間信仰一例

地方に土着した神々

民間信仰一例 民間信仰一例

民間信仰一例

依り代

森羅万象に神や魂が宿る

古神道やそれに連なる民間信仰の根源に
森羅万象に神・精霊・魂が宿るとされていました。

古来人々は、巨石を磐座として祈り、高山・低山を神とするなど自然信仰

所縁のある物や象徴する物など
にも神や魂が宿るとも信じられています。

依り代

依り代の一例

森羅万象に神や魂が宿る

依り代の一例 依り代の一例

依り代一覧

妖怪信仰

信仰を集める妖怪

妖怪信仰については日本古来より人間の理解を超える奇怪で異常な現象や
不思議な力を妖、妖怪と読んで恐れ敬ってきました。

歴史を見てみると古代では風土記に鬼が登場し、
記紀には八岐大蛇という大蛇が登場しています。

これらは元々土着の神様であったとも言われており信仰対象であった事が伺えます。
河童や犬神、化け狸のようにある地域では神として祀られていてる妖怪も多数おります。

妖怪信仰