古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

鹿屋野比売神(かやのひめ)

鹿屋野比売神(かやのひめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カヤノヒメ_comp
【別名】
草祖草野姫、鹿江比賣神、草野姫命、野神、野椎神

【ご神徳】
草木の神様、屋根の神様、漬物の神様、原野の神様、農耕の神様、開拓の神様、灌漑用水の神様、タバコの神様、諸病免除、森林守護

【継続】
伊耶那岐命(父)、伊耶那美命(母)
大山津見神(夫)
天之狭土神(子)、国之狭土神(子)、天之狭霧神(子)、国之狭霧神(子)、天之闇戸神(子)、国之闇戸神(子)、大戸惑子神(子)、大戸惑女神(子)

【鎮座】
加波山神社 末社タバコ神社(茨城県真壁郡真壁町)、萱津神社(愛知県あま市)、清野井庭神社(三重県伊勢市)

【解説】
太古より広大で豊かな土地の神様、家宅を守る屋根の神様として信仰を集めてきた>鹿屋野比売神。
現在は煙草の神様、漬物の神様としてもよく知られています。

鹿屋野比売神の誕生

国生みの神である伊邪那岐と伊邪那美は家宅六神(家に関する神々)をご出産されのちに森羅万象の神々をお産みになります。
海の神である大綿津見神や山と海の神である大山津見神など様々な自然神が産まれ、鹿屋野比売神は草の神様としてご誕生されました。

鹿屋野比売神は大山津見神と夫婦の契りを交わされて大地の神様、霧の神様、峡谷の神様、山で人を惑わす神様をお産みになります。
このように伊邪那岐と伊邪那美の御子である自然神たちは新たな自然神をお産みになり四季の豊かな日本の国を作っていかれるのです。

家宅を守る屋根の神

神名に「鹿屋野」とつくように萱などの草や野の神様である鹿屋野比売神。
萱は萱葺屋根など屋根などの家宅素材に古くから使われました。
縄文から室町時代まで作られた竪穴式住居の外装につかわれたのも多くは萱です。

記紀にはあまり活躍が見られない神様ではありますが、
本来は人とかかわり合いが強い神様です。

草の神

別名である野椎を紐解くと

野=広大な肥えた土地
椎=自然的なものをあらわす

つまり、広大で豊かに広がる土地の神様という一面も持っていることになります。

豊かな土地には萱だけではなく、
自然に生えた草花や人間が育てた野菜、稲などがありそういったものも鹿屋野比売神のご神徳となるわけです。

お漬物の神様

鹿屋野比売神を祀る萱津神社は全国唯一の漬物の神様を祀る神社として有名です。
社殿によると神前に備えた塩と野菜を一緒にカメにいれた所お漬物がが出来た。
お漬物発症の神社です。

萱津神社 社伝より

太古に沃野(よくや:地味が肥えた平野)を求めて海を渡って来た人々が、広大な野を支配する鹿屋野比売神をお祀りしましたことが萱津神社の由来。

このあたりは海が近くさらに土地が豊かだったため土地の人々は
神前にウリ・ナス・たでなどの初なりを供え、海から取れた藻塩もお供えし、五穀豊穣を祈りました。

多くの供物がそのまま腐敗するのを惜しん土地の人々が、
社殿の傍らにカメを置いて入れたところ、
程よい塩漬けになり、雨露に当たっても変わらぬ不思議なその味を神からの賜りものとして、
万病を治すお守りとした。
【中略】

このあた
倭建命が東征のおりに神社に立ち寄り、村人が漬物を献上いたしました。倭建は感慨深げに「藪に神物(こうのもの)」(藪の中に神様の食物がある)と仰せられました

このように倭建命も漬物を食べています。
倭建命が「藪に神物(こうのもの)」と仰ったことから漬物を香り物とよぶようになったそうです。

煙草の神様

煙草は1543年にポルトガル人により伝えられたとされています。
煙草が盛んに栽培されるようになったのは江戸時代頃と言われそれと同時に鹿屋野比売神は煙草の神様として信仰を集めました。

当時も農耕の神として信仰が厚かった鹿屋野比売神を煙草の神様として祀ったのでしょう

【挿絵解説】
茅の神様ということで、茅を持たせたり周りに生やしたりしました。
また、ふわふわしている煙はタバコの煙をイメージ、足元の影がとぐろを巻いているのは、野槌のイメージです。

【参考資料】
(文章参考)
古事記、萱津神社 社伝
(挿絵参考)
古事記