伊邪那岐

いざなぎ

伊邪那岐

伊邪那岐の別名

  • 伊弉諾
  • 伊耶那岐
  • 伊弉諾神
  • 伊射奈岐
  • 熊野速玉大神(クマノハヤタマオオカミ)
  • ※熊野速玉大神は、熊野速玉大社では伊邪那岐神とされ、熊野本宮大社では同じ神名で日本書紀に登場する速玉之男とされています。

伊邪那岐の御神徳

伊邪那岐の伝承地

  • 淡路島
  • 宮崎県宮崎市阿波岐原町
  • 比婆山
  • 滋賀県多賀市
  • 島根県出雲市

伊邪那岐の継続

  • 伊邪那美(妻)
  • 水蛭子(子)
  • 淡島(子)
  • 火之迦具土(子)
  • 天照大御神(子)
  • 月読命(子)
  • 須佐之男(子)

伊邪那岐の鎮座

伊邪那岐の解説

いざなぎ

伊邪那岐 伊邪那岐

神世七代の神々の一柱。日本で最初の夫婦神として登場します。
記紀神話では、先に世に成された神々の「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を受けて多くの島々、自然、神を妻の伊邪那美と共に産んで行いきます。

国産みの神『伊邪那岐命』

伊邪那岐と伊邪那美は高天原に掛かる天の浮橋の縁に立ちまして天沼矛という美しい矛で海をかき回しました。
「コォロコォロ」という穏やかな音色を奏でながらかき混ぜていますとその矛先から一滴落ちたところに淤能碁呂(おのごろ)島という島が出来ました。
2柱はその島に降臨されてました。

日本最古の結婚

淤能碁呂島に降りられた伊邪那岐達は柱を立てて広い宮殿を作りました。
そこで伊邪那岐と伊邪那美はこのような会話をされます。

伊邪那岐「そなたの身体はどのようにできておる?」
伊邪那美「私の体は全て整っております。しかし、一箇所足らない場所があります。」
伊邪那岐「私の体も整っておる。しかし、一箇所余ったところがある。」
伊邪那岐「私の余った所でそなたの足らない箇所を塞ぎ国を作ろうではないか」

そう話された後二柱は柱の前に立ち伊邪那岐は左、伊邪那美は右から周り出会った所で夫婦の契りを交わされます。
この時、出会われた時に伊邪那美は思わずこのように話しかけます。

伊邪那美「あなにやしえをとこを(なんといい男性なのでしょう)」
伊邪那岐「あなにやしえをとめを(なんといい女性なのだろうか)」

こうして、二柱は夫婦の契りを交わされます。
この時日本書紀にはセキレイが頭と尾をふったのを見て夫婦の契りを学んだそうです。

国土の成り立ち

こうして、最初に生まれた子は蛭子命。
3年たっても立つこともできない奇形の子で二柱の神様は葦の船にのせて蛭子を流してしまわれました。

次に生まれた淡島命も婦人病を患ったため流されてしまいました。
伊邪那岐はおかしいと思われ、高天原の神々に相談しました。

高天原の神々は占いをしてその結果、夫婦の契りの際に女性から声をかけたことが良くないということがわかり二柱は再度、柱の周りを回って今度は伊邪那岐から声をかけて夫婦の契りを交わしました。

そうして、生まれたのが淡路島、四国、隠岐の島、筑紫、壱岐の島、対馬、佐渡島、大日本豊秋津洲です。
この島々を大八洲国といいます。

続いて、児島半島、小豆島、周防大島、姫島、五島列島、男女群島をお産みになり国生みを完成させました

神産みの神『伊耶那岐命』

国生みを成された伊邪那岐と伊邪那美は次に多くの神々をお産みになります。
家宅に関する神々、海や川、木々や野山、土や霧、谷や山の影、船や穀物の神々など35柱の神様をお産みになられた最後に火の神火之迦具土を産まれました。

伊邪那美が火之迦具土を産んだ時にその業火で焼かれ伊邪那美は死んでしまいます。

妻を追いかけて死の国まで

妻を失った伊邪那岐は嘆き悲しみ、怒りに任せて火之迦具土の首を跳ねられます。
その後、妻を追い黄泉国まで追いかけていかれます。
黄泉国とは死の国のことです。

黄泉国につき黄泉国の門で伊邪那美と言葉を交わします。
伊邪那美は黄泉国の食事を取ってしまったので帰れないがこの国の世界の神と相談してくるとおっしゃいました。

しかし、いくら待っても伊邪那美は現れず伊邪那岐は待ちきれず門を開けてつけていた櫛に火をつけて黄泉国を除きます
そこで見たものは体中に雷神が取り憑き、腐り果てた妻の姿でした。

伊邪那岐は恐ろしくなり逃げ出してしまいました。

生と死の起源

追って来た伊邪那美に対して黄泉国の入口を大岩で塞ぎます。
伊邪那美は怒り「貴方の御子を日に1000人殺しましょう」と申され
伊邪那岐は「私は日に1500の産屋を建てよう」と答えます。
この事が生と死の起源とされています。

天照大御神、月読命、須佐之男命。三貴子の父『伊邪那岐命』

その後、黄泉国の穢を祓うために筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原で禊ぎを行われます。
その時に23神を化生しその最後に「天照大御神」「月読命」「須佐之男命」の三貴子をお産みなりました。

天照大御神には自分の持っていた珠を渡して高天原を治めるように言い渡します。
月読命には夜の食す国(夜が支配する国)を治めるように言い渡します。
最後に須佐之男命には海原の世界を治めるように言い渡します。

しかし、須佐之男は言うことを聞かないで母が恋しいと髭が伸びても泣きわめき世界を混乱させていました。
それを聞いた伊邪那岐は須佐之男を海原の世界から追放して自らは近江にお隠れになっていました。

伊邪那岐命信仰

江戸時代には天照大御神の親神ということから
「お伊勢参らばお多賀へ参れ お伊勢お多賀の子でござる」「お伊勢七度熊野へ三度 お多賀さまへは月参り」との俗謡もあります。

淡海地方では、国土を作り出した力のある神ということで、近江商人により産業繁栄や商売繁盛の神として信仰されるようになり、日本最初の夫婦神であるため良縁の神としても広く知られています。

文章担当清水 宏積

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵担当向日葵塚ひなた

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵解説

なし

伊邪那岐に関連する神様

いざなぎ

伊邪那岐 伊邪那岐