古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

大物主神

大物主神

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大物主
【別名】
大物主大神、三輪明神、倭大物主櫛甕魂命(ヤマトオオモノヌシクシミカタマノミコト)、大物主櫛甕玉命、意富美和之大神(オオミワノオオカミ)、大三輪之神
※大物主神は大国主のもう一つの姿であるということから大黒天として祀られることもある

【ご神徳】
国土開発の神(国土を開発すること、つまり人間生活全般を守る神と考えられている)、酒の神、薬の神、稲作豊穣、疫病よけ、皇室の守護神

【伝承地】
三輪山(奈良県桜井市)

【継続】
勢夜陀多良比売(セヤダタラヒメ/妻)、倭迹迹日百襲姫(ヤマトモモソヒメ/妻)、活玉依比売(イクタマヨリヒメ/妻)、櫛御方命(クシミカタノミコト/子)、比売多多良伊須気余理比売(ヒメタタライスケヨリヒメ/子・後に神武天皇の皇后)、意富多多泥子(子孫)

【鎮座】
大神神社(奈良県桜井市) 金毘羅宮(香川県仲多度郡)など

【解説】

海を照らして依り来る神

根の堅州の国での須佐之男命の試練を乗り越えた大穴牟遅神(オオムナジノカミ/大国主の別名)は、須佐之男命の「大国主神となって須世理毘売命を正妻に迎えて国を治めよ」との言葉通り、国づくりに励むことになる。大国主神の国づくりを助けたのは、海の向こうからやってきた少彦名神だった。

ところが、しばらくして少彦名神は常世国に渡ってしまう。
国づくりのパートナーを失った大国主神は途方に暮れる。

「吾れ独りして、何でかも能くこの国を得作らむ。いずれの神と共に、吾は能くこの国を相作らまし」(古事記原文読み下し)

このとき、海を照らしてやってくる神がいた。この神が大物主神である。大物主神は言った。

「私をきちんと祀るなら、共に国づくりに協力しよう。そうでなければ国づくりは難しいだろう」
「では、どのようにお祀りすればよろしいですか?」
「私を大和の国の青垣の東の山上にいつき奉ることだ」

この東の山は御諸(みもろ)の山、現在の三輪山であり、大物主神を御祭神とする大神神社創建の経緯が描かれている。

三輪の名の由来 活玉依比売

美和山のふもとに美しい姫がいた。その名を活玉依比売という。ある夜のことだった。彼女のもとに姿形、類いない立派な男が現れた。二人は結婚したが、幾時もたたないうちに活玉依比売は懐妊してしまう。両親はそのことを怪しみ、娘に尋ねた。

「あなたは夫もいないのになぜ身ごもったのですか」
「名前も分からない美しく立派な男が夜ごと、わたくしの元へ通ってきます。すると自然に子を孕んだのです」

娘の元に夜になると現れる、素性の分からない男。両親はその男が誰なのかを知りたいと思い、娘に言った。
「苧環(糸巻き)に巻いた麻糸に針を通し、男の衣の裾に通すのです」
活玉依比売は教えられた通りに男の衣の裾に麻糸の通った針を男の衣の裾に通した。

翌朝。
麻糸は戸の鍵穴から抜け出ていた。糸を辿ると、美和山の神の社に続いている。そこで、男が神なのだと知った。苧環には三勾(みわ/三巻き)の糸だけが残ったことから、この地を「三輪」と 呼ぶようになったという。

箸墓伝説 倭迹迹日百襲姫

孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫は大物主神と神婚する。しかし、夫は夜にしか通ってこず、その顔を見ることもできなかった。そこで夫に顔を見たいという旨を伝えると大物主神は答えた。「朝になれば櫛箱に入っているが、姿を見ても驚かないで欲しい」

翌朝、倭迹迹日百襲姫は櫛箱を開ける。そこには小さな蛇がいた。驚いた倭迹迹日百襲姫は、神である夫との約束を破り、ひどく驚き叫んでしまった。その姿を見た大物主神は、恥じて御諸山(三輪山)に去る。
夫との約束を破ったことを倭迹迹日百襲姫は悔い、箸で女陰(ほと)をついて薨じてしまう。
このことから、倭迹迹日百襲姫の墓を『箸墓』といい、この墓は日中は人が、夜は神が造ったと言われる。

丹塗矢伝説 勢夜陀多良比売

勢夜陀多良比売という姿形の麗しい乙女がいた。彼女を見初めた大物主神は丹塗矢に化けて、勢夜陀多良比売が大便をしているときに厠の溝から流れ下り、その女陰(ほと)をついた。勢夜陀多良比売はその矢を持って帰り、床に置くと、たちまち、美しい立派な男になった。大物主神と勢夜陀多良比売の間に産まれた子の名は、富登多多良伊須須岐比賣命(ホトタタライスケヨリヒメ)、またの名を比賣多多良伊須氣余理比賣(ヒメタタライスケヨリヒメ)という。

*神が丹塗矢に姿を変えて神婚するという丹塗矢伝説は、上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命(カモワケイカヅチノミコト)の生誕エピソードにも見られる。

祟る神としての大物主神

崇神天皇の代。
疫病が多く起こり、人が死に尽くそうとしていた。天皇はこれを嘆き、神床で眠るとその夢に大物主神が夢に顕われて言った。

「これは私の心である。 意富多多泥子(オオタタネコ)に私を斎き祀らせたならば祟りは鎮まり、国は安らかにおさまるであろう」

天皇はこれを聞いて、早馬の使いを四方に派遣して河内の美努村に意富多多泥子が暮らしているのを見つけた。
「お前は誰の子か」と天皇が尋ねると、彼は答えた。
「私は大物主神が陶津耳命の娘の活玉依比売を娶って産んだ子の櫛御方命、その子の飯肩巣見命、その子の建武甕槌の子で意富多多泥子といいます」
天皇は大変喜んで「これで国はやすらぎ、人々は栄えるであろう」と言って、意富多多泥子を神主として御諸山に意富美和之大神(大物主神)を祀らせた。

大国主と大物主は同一神なのか

日本書紀によれば、大物主神は大国主神に対し「私はあなたの幸魂奇魂である」、つまり大国主の和魂(にぎみたま)であると言っている。
それではこの二柱は、同じ神なのか、別の神なのか。
答えは
「同じ神であり、違う神である」
ということになる。
これは、言い換えれば、
「水とお湯は違うか否か」
ということである。

近代に入り私たちは「Aが正解ならBは間違いである」という常識の中で生きている。しかし、神道において多くのことがこの常識では計り切れないことは知っておきたい。

荒魂和魂、というのは別個に存在するものではなく「魂の『働き』のそれぞれの側面」について表現したものである。大国主神と大物主神の関係もこれに準ずる。
但し、この荒魂和魂の関係は、キリスト教で言う三位一体や仏教で言う応現神(相手に応じて様々な姿に変わること)とは全く違うものである。

■関連の神話
神武東征 皇后の選定
大国主の国作り 少名毘古那神

【挿絵解説】
夜の間に訪れ、姿をよく見せずに去る。
この神様もたくさんの恋しているのだなあと感じ、変身がとける間際の三輪山の明け方をイメージにして描きました。いったいどのような思いで朝を迎えていたのでしょうか。

【参考資料】
(文章・挿絵参考)古事記・日本書紀より