天手力男

あめのたぢからをのかみ

天手力男

天手力男の別名

  • 天手力雄神
  • そのほか、天手力男命、「天」がつかない名前でお祭りされていることもあります

天手力男の御神徳

天手力男の伝承地

  • 佐奈村(三重県多気郡)
  • 戸隠山(長野県長野市)

天手力男の継続

  • 不明(記紀神話に記載なし)

天手力男の鎮座

天手力男の解説

あめのたぢからをのかみ

天手力男 天手力男

読んで字のごとく、手の力が強い天の男神。それが天手力男神です。

岩戸開きの神

天岩戸という神話をご存知でしょうか。天手力男神がその自慢の腕力で活躍したのが、記紀神話に共通して語られるこの部分です。古事記にはこうあります。

 かれ、ここに天照大御神見畏みて、天の石屋戸を開きてさしこもりましき。ここによりて常闇往きき。ここによろずの神声はさ蠅なす満ち、万の妖悉に発りき。
ここを以ちて八百万の神、天の安の河原に神集ひて、高御産日神の子思金神に思はしめて、常世の長鳴鳥を集めて鳴かしめて、天の安河の河上の天の堅石を取り、天の金山の鉄を取りて、鍛人天津麻羅を求ぎて、伊斯許理度売命に科せて鏡を作らしめ、玉祖命に科せて八尺の勾璁の五百津の御すまるの玉を作らしめて、天児屋根命、布刀玉命を召して、天の香具山の真男鹿の肩を全抜きに抜きて、天の香具山の天のははかを取りて、占合ひまかなはしめて、天の香具山の五百津真賢木を根こじにこじて、上枝に八尺の勾璁の五百津の御すまるの玉を取り著け、中枝に八尺鏡を取りかけ、下枝に白和幣、青和幣を取り垂でて、この種々の物は、布刀玉命太御幣と取り持ちて、天児屋根命太詔戸言禱き白して、天手力男神戸の掖に隠り立ちて、天宇受売命、天の香具山の日影を手次にかけて、天の真折を鬘として、天の香具山の小竹葉を手草に結ひて、天の石屋戸にうけ伏せ、蹈みとどろこし神懸りして、胸乳をかき出で、裳緒をほとにおし垂れき。ここに高天原動みて、八百万の神共に咲ひき。
ここに天照大御神恠しとおもほして、天の石屋戸を細めに開きて、内より告りたまはく、「吾が隠りますによりて、天の原自ら闇く、また葦原中国も皆闇からむとおもふを、何の由にか天宇受売は楽をし、また八百万の神諸咲へる」とのりたまひき。ここに天宇受売白言さく、「汝が命に益して貴き神坐すが故に、歓喜び咲ひ楽ぶ」とまをしき。
かく言す間に、天児屋根命、布刀玉命その鏡をさし出だし、天照大御神に示せ奉る時、天照大御神いよいよ奇しと思ほして、やくやく戸より出でて臨みます時に、その隠り立てりし天手力男神、その御手を取りて引き出しまつりき。即ち布刀玉御子緒、尻くめ縄をその御後方に控き度して白言さく、「これより内に得還り入りまさじ」とまほしき。かれ、天照大御神出でましし時、高天原も葦原中国も自ら照り明りき。
ここに八百万の神共に議りて、速須佐之男命に千位の置戸を負ほせ、また鬚と手足の爪とを切り祓へしめて、神やらひやらひき。

古事記と日本書紀で表現の違いはあるものの、大きな岩の戸を開き、石屋にこもった天照大御神を外へ連れ出したという点は変わりません。その様子は神楽のなかで描かれ、全国各地の神楽団によって舞われています。

天孫に随伴した神

さて、無事に天照大御神を石屋から連れ出すことに成功したのち、天上の神々は葦原中国を手に入れました。
幾柱の神々は天照大御神の孫、邇邇芸命に随伴し、地上へと降り立ちます。古事記によれば、天手力男神もその一柱です。しかし、日本書紀には天手力男神の姿が見当たりません。また、古事記でも日本書紀でも、その後天手力男神が登場することはなくなってしまいます。いったいどこへ行ってしまったのでしょうか。

古事記には「手力男神は佐那那縣に坐す」と記されています。これは延喜式神名帳にある、伊勢の国多気郡佐那神社のことといいます。

また、長野県の戸隠神社には、以下のような伝説が残っています。
天手力男神が天石屋戸を開いたとき、えいっとばかりに岩の戸を投げ飛ばしました。すると、日本のほぼ中央に落ちたその岩が戸隠山となったというものです。天手力男神は「ここが私の住処である」と定め、九州へ降り立った後、紀伊を通って戸隠へ移ったといいます。
しかしいずれにせよ、ともに随伴した神々のような、はっきりとした後継の家系はわかりません。

神楽における天手力男神

こうして歴史書からは遠のいてしまった天手力男神ですが、人々は芸能の中にその勇壮な姿を描き出しました。
前述の神楽がそのひとつです。神楽とは、天石屋戸から天照大御神を連れ出すきっかけを作った演出が元になっており、「岩戸開き」は全国各地で重要な演目のひとつとなっています。
たとえば、国の重要無形民俗文化財に指定されている宮崎県の高千穂神楽三十三番では、代表的な四番(「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」)のうち二つは天手力男神が主役であり、その人気ぶりを想像させてくれます。

万葉集における天手力男神

ところで、万葉集に以下のような歌があります。
「岩戸破る手力もがも手弱き女にしあればすべの知らなく(岩戸を破る強い力があればいいのに。私は手の力の弱い女ですから、岩戸を破る術を持たないのです)」(巻三の四一九番)

これは作者である手持女王が河内王の死を悼み詠んだ、「河内王葬豊前國鏡山之時手持女王作歌三首」と題された三首のうちのひとつです。
同じく巻三の四一七番(「豊国の鏡の山の岩戸立て隠りにけらし」)では墓を「岩戸」と表現していることから、墓の入り口を、天手力男神が開いた天岩戸にたとえていることがわかります。墓の戸を破って河内王を連れ出したい(=生き返ってくれたらいいのに)という心情を表しているのでしょう。

手持女王は、天手力男神のことを直接的に詠んだわけではありませんが、岩戸を押し開き、天照大御神を連れ出した天手力男神のように岩戸を開きたいと願ったことは確かだと思います。
もしかすると、天手力男神は異世界(あの世)への戸を開き、そこへ行ってしまった者を連れ戻す神というイメージが当時の人々の心にあったのかもしれません。

文章担当笑万

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 万葉集
  • 延喜式神名帳

挿絵担当こなゆき

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵解説

天岩戸を開き、天照大神を取り上げるシーンをイメージして描きました。
周囲にいる鶏は長鳴き鳥、服装は高千穂神楽の衣装を参考にしています。

天手力男に関連する神様

あめのたぢからをのかみ

天手力男 天手力男