建御名方命

たけみなかた

建御名方命

建御名方命の別名

  • 諏訪神
  • 武南方神
  • 諏訪大明神
  • 南方刀美神

建御名方命の御神徳

建御名方命の伝承地

  • 長野県諏訪地方
  • 長野県松本地域
  • 大北地域
  • 新潟県新潟市高志

建御名方命の継続

  • 大国主神(父)
  • 沼名河比売命(母)
  • 事代主神(兄)
  • 八坂刀売命(妻)

建御名方命の鎮座

建御名方命の解説

たけみなかた

建御名方命 建御名方命

信州・諏訪大社に祀られる建御名方神

『古事記』の国譲り神話にのみ描かれる謎の神

長野県諏訪の諏訪大社に祀られる建御名方神。
その登場は、『古事記』の国譲り神話である。

父神・大国主神の系譜に建御名方神の名は見られないのだが、国譲り神話では事代主神と建御名方神のみが大国主神の子として登場するのだ。

天照大神の使者として高天原から遣わされた建御雷神は、出雲国へ降り大国主神と対面する。
国譲りの返答を迫る建御雷神に大国主神は、「私はお答えできません。子の事代主神がお答え申し上げます」と言った。

呼び出された事代主神は、「恐れ多いことです。この国は天つ神の御子に差し上げましょう」と、いとも簡単に国譲りを承諾。
大国主神の治める葦原中国は、高天原の天照大神に委ねられるはずだった。

しかし。大国主神の数多いる御子神の中で、唯一それに逆らったものがいた。
それが建御名方神であった。

建御名方神は巨大な岩を軽々と持ち上げながらやってきて、建御雷神に力比べを挑む。
先に手を出したのは建御名方神だった。

ところが、建御名方神が引っ張った建御雷神の手は氷柱に変わり、更に剣の刃となる。
ひるんで手を放した建御名方神の手を、今度は建御雷神が掴む。

すると建御名方神の手は葦のように柔らかくなり、いとも簡単に投げ飛ばされてしまった。
かなわないと思った建御名方神は、なりふり構わず逃げ出した。

追いかける建御雷神。
ついに信濃国諏訪の湖に追い詰められた建御名方神は、命乞いをする。

「どうか私を殺さないでください。これから私は、諏訪の地を一歩も出ません。父と兄にも逆らいません。この葦原中国は、天つ神の御子に差し上げましょう」
こうして国譲りは完了し、建御名方神は諏訪の地に鎮まることとなる。

この壮大な国譲り神話。
建御名方神の服従の話は、『日本書記』には一行も記されていない。
また『古事記』にも、大国主神の系譜に建御名方神の名は無い。

この建御名方神と建御雷神の力比べが、相撲の起源になった。
現在でも相撲界では、諏訪大社の信仰が篤い。

母親想いの好青年

新潟県に残る沼名河比売命の受難の物語に、建御名方神の名も登場する。
大国主神は高志に美しい姫がいると聞き、大船団を引き連れてやってきた。

様々な障害を乗り越えて、大国主神は美しい沼名河比売命と結婚する。

やがて二人の間に、王子・建御名方神が誕生した。
幸せな時を過ごしていた親子だったが、ある日出雲にいる事代主神から「大国主神の父親・須佐之男命が亡くなりました。すぐに出雲へお戻りください」という知らせが届く。
大国主神は高志を建御名方神に任せ、自分は沼名河比売命を連れて出雲へ帰ろうとした。

しかし、沼名河比売命は大国主神の他の妻の嫉妬を恐れてか、出雲へ行くのを嫌がった。
どうしても沼名河比売命と離れたくない大国主神は、比売が寝ている間に船に乗せてしまう。

気づいた沼名河比売命は、脱出の機会を待った。
信頼できる家来の手によって船から助け出された沼名河比売命だったが、ここから大国主神の追手との壮絶な戦いが始まる。

その途中、母を心配した建御名方神が、わずかな手勢を連れてやってきた。
「父と一緒に出雲へ行くように」と母を諭す建御名方神。

それでも沼名河比売命の決意は揺るがない。
しかたなく、諦めて帰って行く息子の姿に、沼名河比売命は涙したという。

何とか追手から逃げ切った沼名河比売命は、「一緒に暮らしましょう」という建御名方神の誘いも拒んだ。
そこで建御名方神は母のために別に宮殿を造り、沼名河比売命はそこに暮らした。

比売はここで、穏やかに天寿を全うしたという。

建御名方神が祀られる諏訪大社は、七年に一度『おんばしら』と呼ばれる奇祭が開催されることで有名だ。
その起源は古く定かではないが、沼名河比売命の故郷である高志にも巨木文化が見られる。

竜蛇神

建御名方神の『ミナカタ』は『水潟』に通ずるとされ、水神である竜神や蛇神の姿で描かれる。
長野県松本地域・大北地域に伝わる民話『泉小太郎』にも、建御名方神は竜神として登場する。

昔、松本のあたりは大きな湖だった。
その湖には犀竜が住んでおり、東の池に住む白竜王との間に一人の子供をもうけた。

名を日光泉小太郎という。
しかし小太郎の母である犀竜は、自らの姿を恥じて湖の中に隠れてしまった。

お寺で育った小太郎は母の行方を探し、やがて再会する。
そこで犀竜は自身が建御名方神の化身であり、子孫の繁栄を願って顕現したことを明かす。

そして湖の水を流して平地とし、人々が住める里にしようと告げた。
小太郎は犀竜に乗って巨岩や岩山を突き破り、日本海へ至る川筋を作った。

また、諏訪の厳しい寒さによって湖が凍り、亀裂が生じ、やがてせりあがる現象『御神渡り』がある。
亀裂は諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとへ通う道筋と言われている。

その道筋は、竜や蛇が通った跡にも見える。

諏訪大社の七不思議

日本人は七不思議が好きだが、諏訪大社にもあった。

一、元朝の蛙狩り
元日に上社本宮の脇を流れる御手洗川の氷を割って冬眠中の蛙を捕えて
蛙狩りの神事を行うが、どんな寒い年でも蛙がとれる。
二、高野の耳裂鹿
御頭祭に供える鹿の中に、必ず耳の裂けたものがいる。
三、葛井の清池
12月31日夜の幣束納神事で、茅野市上原の葛井神社の神池に沈めた
幣束が、遠州さなぎの池に浮かび上がる。
四、宝殿の天滴
どんな干天の時でも、上社本宮の御宝殿の屋根から三滴の水滴が落ちる。
五、御神渡り
厳しい寒さの日に、諏訪湖に氷の土手が現れる。
六、御作田の早稲
下社に付属する御作田社で6月30日に田植えをした早稲が、
8月30日までに必ず稔る。
七、五穀の筒粥
下社春宮の筒粥神事の農作物の豊凶の占いが
必ず当たる。

文章担当弥紬

参考資料

  • 古事記
  • 信府統記

挿絵担当ヒャクジロー

参考資料

  • 古事記
  • 信府統記

挿絵解説

諏訪大社の神紋は「梶の葉」です。背景の参考にしました。
また、翡翠で有名な糸魚川付近に伝承の残る母神沼名河比売命や諏訪大社の「翡翠みくじ」にちなんで翡翠の装飾品をつけています。

建御名方命に関連する神様

たけみなかた

建御名方命 建御名方命