弟橘比売命

おとたちばなひめ

弟橘比売命

弟橘比売命の別名

  • 弟橘媛
  • 橘姫

弟橘比売命の御神徳

弟橘比売命の伝承地

  • 神奈川県横須賀市
  • 千葉県木更津市吾妻

弟橘比売命の継続

  • 穂積忍山宿禰(父:日本書紀による)
  • 倭建命(夫) 
  • 若建王(子)

弟橘比売命の鎮座

弟橘比売命の解説

おとたちばなひめ

弟橘比売命 弟橘比売命

夫、倭建命の東征の際、水路を房州へ向かう途中の暴風雨で船が難破の危機に瀕する。弟橘比売命は嵐を鎮めるため、倭建命の身代わりとなり海に入水する。

倭建命の妃

倭建命は東征前に美夜受比売を見初め、東征から帰ると結婚したとされている。
また草薙剣を預けたというエピソードも有名であり、尾張では倭建命の妃=美夜受比売とされることが多い。
しかし東国では弟橘比売命にまつわるエピソードも多く、古事記に残る数少ない記述からも倭建命とはお互いを慈しみあった夫婦であることがよくわかる。
東征を終えて足柄峠を越えるところで、命を懸けて自分を守ってくれた弟橘比売命を想い「吾妻はや」と言われたことから東国を東(あずま)と呼ぶようになったとされる。
他にも東京湾沿岸にこゆるぎ、袖が浦、袖が浜という地名があるのは比売の帯や袖が流れ着いたという言い伝えによるものという説もある。

倭建命の危機を救う

倭建命の東征の際、水路を房州へ向かう途中の暴風雨で船は今にも難破しそうになった。
このとき弟橘比売命は嵐を鎮めるため、倭建命の身代わりとなり海に入水する。
すると嵐は治まり、無事船を進めることができた。
その際弟橘比売命は
さねさし 相模の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君はも
(相模国の小野に燃えて迫る火の火中に立って 私の名をお呼び下さったあなたよ)
という歌を詠んだ。
その後比売の御櫛が海辺に流れ着いたので、そこに御陵を造って納めたとされる。

文章担当みこ

参考資料

  • 古事記

挿絵担当異界絵師 緋呂(いかいえし ひろ)

参考資料

  • 古事記

挿絵解説

嵐を鎮めるため我が身を差し出す覚悟の中にも夫との別れに涙する切なさの表現を試みてみました。

弟橘比売命に関連する神様

おとたちばなひめ

弟橘比売命 弟橘比売命