武甕槌命(タケミカヅチ)

タケミカヅチ

武甕槌命(タケミカヅチ)

武甕槌命(タケミカヅチ)の別名

  • 建御賀豆智命
  • 建御加都智命(続日本後紀)
  • 建御雷之男神
  • 建御雷神(古事記)
  • 武甕雷男神(日本書紀)
  • 武甕槌

武甕槌命(タケミカヅチ)の御神徳

武甕槌命(タケミカヅチ)の伝承地

  • 茨城県鹿嶋市
  • 春日大社(奈良県奈良市)

武甕槌命(タケミカヅチ)の継続

  • 天之尾羽張(父)
  • 甕速日神(兄弟)、樋速日神(兄弟)

武甕槌命(タケミカヅチ)の鎮座

武甕槌命(タケミカヅチ)の解説

タケミカヅチ

武甕槌命(タケミカヅチ) 武甕槌命(タケミカヅチ)

神産みにおいて、伊邪那岐命が火の神軻遇突智の首を切り落とした際に、十拳剣「天之尾羽張」の根元についた血が飛び散って生まれた三柱の神のうちの一柱である。武甕槌命

タケミカヅチの誕生

神産みにおいて、伊邪那岐命が火の神軻遇突智の首を切り落とした際に、十拳剣「天之尾羽張」の根元についた血が飛び散って生まれた三柱の神のうちの一柱である。

相撲の起源?

さて、実は武甕槌命は「相撲」の起源であるということをご存知だろうか。
武甕槌命が葦原中国平定の際、出雲の建御名方神(タケミナカタ)が武甕槌命の腕を掴んで投げようとした描写が古事記に書かれている。
その際に武甕槌命は手を氷柱へ、また氷柱から剣に変えたためにつかむことが出来なかったこともあり、勝負にならなかった、とある。これが相撲の起源であるのだ。

タケミカヅチと鹿島神宮

武甕槌命は鹿島神宮の主神である。常陸国風土記や、古事記、万葉集などの文献では、鹿島神宮と武甕槌命について以下のように書かれている。

・古く、常陸国に入るものは霞ヶ浦でまず手や口を洗い、東に向かって香島大神(鹿島神宮の主神:武甕槌命)を拝んだあと入ることを許された。
・鹿島郡(現在の茨城県)は地震を起こすという大ナマズが横たわっていたが、それを武甕槌命が要石を釘として貫き止めたとされている。その説話により、茨城県は大地震による被害が少ないと言われている。

中でも要石の深さは計り知れず、かつて徳川光圀が要石の周りを掘るよう命じたとき、七日七晩掘らせても要石の終端が見つからなかったという逸話があるほど。
また、鹿島の地は東国の東端で、さらに大洋に臨む地方であることから、船を自在に扱う力を持ち、航海を守る神ともされた。

(タケミカヅチと鹿

武甕槌命のところへ、天照大御神のご命令を伝えに来られた神使が天迦久神で、鹿の神霊となっている。このことから、武甕槌命と鹿は非常に強い関係がある。
武甕槌命を祀る鹿島神宮・春日大社にはそれぞれ鹿園(春日大社の場合は「奈良公園」である)が存在している。

鹿は奈良公園が有名であるが、もともと武甕槌命が神鹿に乗ってやってきたと伝えられており、奈良公園に居る鹿の大元は鹿島神宮にいた鹿ということになる。
また、武甕槌命が鹿とともに奈良へ向かったときの足跡が、地名として残されている

その一例として、東京都江戸川区にある鹿骨地区は、奈良へ向かっていた際、武甕槌命とともにいた神鹿の一匹が死んでしまい、それを弔ったことが由来となっている。
この「鹿」にまつわる地名が、三重県の名張まで続いている。

武甕槌命と経津主神

香取神宮の祭神である経津主神と武甕槌命はとても関係が深いとされていて、両神は対で扱われることが多い。
その有名な例のひとつとして、経津主神を祀る香取神宮と武甕槌命を祀る鹿島神宮が利根川を挟んで相対するように位置することがあげられる。

また、春日大社には武甕槌命とともに経津主神らも祀られており、これは香取・鹿島の両神宮のある常総地方が中臣氏(藤原氏)の本拠地であったからと言われている。

文章担当巫夏希(元メンバー)

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 続日本後紀

挿絵担当陸(元メンバー)

参考資料

  • 古事記

挿絵解説

なし

武甕槌命(タケミカヅチ)に関連する神様

タケミカヅチ

武甕槌命(タケミカヅチ) 武甕槌命(タケミカヅチ)