民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • 辰子姫命(タツコヒメミコト) 今も田沢湖に棲むという龍神・辰子姫。その美しい伝説と物語を、イラスト付きで詳しくご紹介致します。
  • 九頭龍大神 強力な開運のご利益を誇る『九頭龍大神』。全国各地に伝承を持ち、ある時は悪役、またある時は善神となる……その正体とは?
  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • 飯綱権現(いづなごんげん) 飯綱山より信仰が始まった飯縄権現。 神仏習合などの影響を受けながらも独自の信仰を守ってきました。 中でも管狐を使う飯綱法は多くの武士や忍者を魅了し信仰を集めました。
  • アラハバキ 謎の神アラハバキをイラスト付きでご紹介。様々な説があるため、謎の神とも言われるアラハバキは、どのような神なのでしょうか。代表的な四つの説について見ていきます。
  • 道祖神 村の入り口にぽつんとたたずむ一見ふつうの石。夫婦を象った石像。謎の鳥居と社。木にかけられた草履や草鞋。それらすべて、私たちを色んなものから守ってくれる神様、道祖神かもしれません。道の神様、道祖神を紹介します。
  • ミシャグジ 諏訪に根付く謎の神、ミシャグジ神についてイラスト付きで詳しくご紹介致します。縄文からの信仰が色濃く残ると言われるミシャグジ神。古事記や日本書紀にも出てくる天孫降臨のもう一つのお話とは・・・!
  • 夜刀神(やとのかみ) 風土記に登場する神様、夜刀神をイラスト付きでご紹介。茨城県に伝わる蛇神、夜刀神。その名前の由来と、その逸話について紐解いていきます。

民間信仰の神様一覧へ