民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • 八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと) 出雲の『国引き神話』をご存知ですか? 出雲独自の雄大な世界観を表す神様です。
  • 蛭子(ヒルコ・エビス) 七福神・恵比寿は、親に捨てられた子だった!? 生い立ちから、恵比寿様が歩んできた道をイラスト付きでご紹介。
  • 八坂刀売神(ヤサカトメノカミ) 八坂刀売神は、建御名方神の后神として諏訪大社をはじめとする全国の諏訪神社にて祀られている女神です。 古事記、日本書紀といった中央神話には登場せず、断片的な説話や民話が残るのみの謎の多い女神でもあります。
  • オシラサマ オシラサマは、東北地方で広く信仰されている家の神であり、蚕神とされる。 主に村の旧家などに祀られていて、生活に深く浸透している神である。
  • 飯綱権現(いづなごんげん) 飯綱山より信仰が始まった飯縄権現。 神仏習合などの影響を受けながらも独自の信仰を守ってきました。 中でも管狐を使う飯綱法は多くの武士や忍者を魅了し信仰を集めました。
  • 道祖神 村の入り口にぽつんとたたずむ一見ふつうの石。夫婦を象った石像。謎の鳥居と社。木にかけられた草履や草鞋。それらすべて、私たちを色んなものから守ってくれる神様、道祖神かもしれません。道の神様、道祖神を紹介します。
  • 愛宕権現 太郎坊として有名な愛宕権現。そして天狗の代表格とも知られています。あなたは天狗のことをどれくらい知っていますでしょうか? そして、愛宕権現はなぜ「太郎坊」という名前なのでしょうか。やおよろずの連載企画「天狗」第一弾です。
  • ミシャグジ 諏訪に根付く謎の神、ミシャグジ神についてイラスト付きで詳しくご紹介致します。縄文からの信仰が色濃く残ると言われるミシャグジ神。古事記や日本書紀にも出てくる天孫降臨のもう一つのお話とは・・・!

民間信仰の神様一覧へ