民間信仰の神様

民間信仰の神様

民間信仰

民間信仰の神様について

日本には土地土地によって様々な土着の神様が鎮座されております。

日本の民間信仰は祖先崇拝を中心とする氏神への信仰が基盤となっております。これはもともと同族神,屋敷神を原型とするものと考えられており、のちに神道と習合して産土神,鎮守神のような村落神に変質していったのです。

  • 愛宕権現 太郎坊として有名な愛宕権現。そして天狗の代表格とも知られています。あなたは天狗のことをどれくらい知っていますでしょうか? そして、愛宕権現はなぜ「太郎坊」という名前なのでしょうか。やおよろずの連載企画「天狗」第一弾です。
  • 飯綱権現(いづなごんげん) 飯綱山より信仰が始まった飯縄権現。 神仏習合などの影響を受けながらも独自の信仰を守ってきました。 中でも管狐を使う飯綱法は多くの武士や忍者を魅了し信仰を集めました。
  • 諏訪大明神 諏訪の地で信仰されている諏訪大明神について、イラスト付きで詳しく解説いたします。
  • 高雄内供奉(たかおないぐぶ) 高名な僧として知られる真済は、死後天狗として人々の目の前に姿を見せます。なぜそのようなことになったのでしょうか? そして、人間としての「真済」とはいったい何者だったのか?
  • 穂高見命(ほたかみのみこと) 奥穂高岳に降臨され辺を開拓していかれたという穂高見命。 阿曇氏の祖神として広く知られており海神「大綿津見」の子供で海を司る神様です。
  • 氣吹戸主(いぶきどぬし) 大祓祝詞に登場する氣吹戸主神をご紹介します。強い風を起こして、罪穢れを祓い清める役割の神様です。
  • 常世神 大生部多が勧め、民間信仰として人気を得た「常世神信仰」。その成り立ちと衰退について、イラスト付きでご紹介いたします。
  • 温羅(うら・おんら) 岡山に伝わる「温羅伝説」に登場する鬼王はただ単に悪い王ではなく、吉備にあるものをもたらしてくれました。温羅の姿をご紹介します。

民間信仰の神様一覧へ