玉祖命

たまのやのみこと

玉祖命

玉祖命の別名

  • 玉屋命
  • 天明玉命
  • 天羽明玉命
  • 天豊玉命
  • 天櫛明玉命
  • 羽明玉
  • 櫛明玉

玉祖命の御神徳

玉祖命の伝承地

  • 高千穂
  • 出雲

玉祖命の継続

  • 伊邪那岐(父)
  • 玉造部の祖神

玉祖命の鎮座

玉祖命の解説

たまのやのみこと

玉祖命 玉祖命

三種の神器である「八尺瓊勾玉」を作った神様として知られる玉祖命。
玉作りの神様として信仰を集めており玉造部、玉祖連など宮中に従った玉作り職人たちの祖神でもあります

三種の神器「八尺瓊勾玉」と玉祖命

玉祖命は三種の神器「八尺瓊勾玉」を作った神様として有名です。
八尺瓊勾玉の勾玉に関する神話は古事記や日本書紀などの天岩戸神話で語られています。

天岩戸神話

高天原にやってきた須佐之男命は天照大御神から侵略に来たのではないかと疑いをかけられます。
疑いを晴らすためうけい(うらない)を行い。須佐之男命は身の潔白を勝ち取ります。
 
それに気分をよくした須佐之男命は高天原中を大暴れしてついに天照大御神は天岩戸にこもられてしまいました
 
天照大御神が篭もれれると世界中は闇に包まれ悪神たちがはびこるようになり神々は困り果てて思兼神を中心にしてご相談をされました。
神々はそれぞれのお力を合わされて天照大御神を岩戸から出そうとされます。
 
玉祖命も500の美しい珠を連ねた八尺瓊勾玉を作れました
 
天の香山の青々とした榊を抜き取り、その枝の上段に八尺勾玉、中断に八咫の鏡をかけて、下の方の枝に楮の布と麻の布の祭具を垂らしました。

八咫鏡は太陽を示し、
八尺瓊勾玉を示すとの説もあり勾玉は太古から霊妙なものであったと想像されます。

勾玉は単なる飾りや神具ではなくそれ自体が依り代であり神聖な霊力を宿すとされており、そのような勾玉をつくる技術を司る神様が玉祖命なのです。

玉祖命と出雲

八尺瓊勾玉は櫛明玉(玉祖命)が須佐之男に献上したものとする伝承も残っております。
これは玉祖命は元々は出雲神であったことを示しておりそれを裏付けるように島根県松江市にある出雲玉作跡 玉作遺跡の近くにある玉造筑山古墳は櫛明玉(玉祖命)の塚だといわれています

天孫降臨神話の玉祖命

玉祖命は五伴緒神(天児屋命、布刀玉命、玉祖命、天宇受売命、伊斯許理度売命)の一柱として邇邇芸命に付き従い高千穂に降り立ちます。
撰姓氏禄には以下のように書かれています
「邇邇芸命の葦原中国へ降臨なさった時、五伴緒神として皇孫に従って天降った。この時、玉璧を造って神弊と為した。故に玉祖連と号し、亦玉作連ともいう」

残念ながら日向での玉祖命の活躍はあまりみることができませんが地上に降り立ったのち周防国に拠点をおいて三陰三陽地方を統治したとされております
その後、玉造部、玉祖連の祖神となるのです。

玉祖命の子孫たち

玉祖命の子孫に当たる玉造部、玉祖連は周防、土佐、出雲、河内、近江、駿河、伊豆、下総、陸奥、大和など全国各地に広がり勾玉づくりを行いました。
玉造、玉作など「玉」のつく地名には多く玉祖命の子孫たちが活躍しています。

勾玉だけではない!玉祖命のご神徳

玉祖命は珠を司る神であることから宝石を取り扱う業種の守護神として信仰を集めてきました。
古くはレンズのことを玉と呼ばれており眼鏡、レンズ、カメラを取り扱う方々から深く信仰を集められるようになりました。

山口県の玉祖神社は「メガネの神社」として知られ、毎年4月の第2日曜日には、全国からメガネ業者が集まり、古メガネのフレームを供養する「玉の祭」が行なわれています。

文章担当清水 宏積

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 古語拾遺
  • 出雲国風土記

挿絵担当ササニシキ(元メンバー)

参考資料

  • 古事記

挿絵解説

勾玉を作る職人のような見た目になっていればと思います。
ふよふよしているのはタマノオヤお手製の勾玉たちです。

玉祖命に関連する神様

たまのやのみこと

玉祖命 玉祖命