古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 天児屋命(あまのこやね) 天児屋根命は天岩戸神話や天孫降臨神話など古事記や日本書紀で祭祀を司る神様として登場します。 中臣氏の祖神で有ることでも知られています。
  • 宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ) 生命力を神格化した神と言われている宇麻志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじのかみ)についてご紹介します。
  • 思金神(おもいかねのかみ) 知恵の神、学問・受験・政治の神として祀られている、思金神(おもいかねのかみ)をご紹介します。有名な「天岩戸開き」や「国譲り」のエピソードでもその知識をいかんなく発揮しています。
  • 玉祖命(たまのやのみこと) 三種の神器である「八尺瓊勾玉」を作った神様として知られる玉祖命。 玉作りの神様として信仰を集めており玉造部、玉祖連など宮中に従った玉作り職人たちの祖神でもあります
  • 邇邇芸命(ニニギノミコト) 天照大御神と高木神から葦原千五百秋瑞穂を治めるように詔を受けた邇邇芸命。 天孫降臨の神様として記紀や風土記などの神話にも登場する神様です。
  • 大山津見神(おおやまづみのかみ) 山の神様として各地にお祭りされている大山津見神は様々なご神徳がありますが、実は天皇の寿命を縮めてしまう原因の一端を作った神様でもあります。
  • 久々能智神 ありとあらゆる樹木をつかさどる男神 『久々能智神』について、詳しくご紹介致します。
  • 木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと) 日本神話に登場する天孫・邇邇芸命の妻となった木花之佐久夜毘売命について、かわいいイラスト付きで詳しく紹介!

古事記・日本書紀の神様一覧へ