古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 豊玉姫命(とよたまひめ) 海の女神、豊玉姫をイラスト付きで紹介。神武天皇の父である鵜葺草葺不合命を出産された女神。大綿津見の娘であり綿津見の宮へとやってきた山幸彦と結ばれて無事に鵜葺草葺不合命を出産なさいますが・・・
  • 常世神 大生部多が勧め、民間信仰として人気を得た「常世神信仰」。その成り立ちと衰退について、イラスト付きでご紹介いたします。
  • 八十禍津日神(やそまがつひ) イザナギが禊を行った垢から生まれたというヤソマガツヒ。その由来から後に厄除けの神として信仰を集めています。
  • 猿田彦神(さるたひこのかみ) 天孫降臨の際、瓊瓊杵尊らを高千穂へと導いた猿田彦神。道の神、旅人の神など言われていることから道祖神と同一視されています。
  • 大山津見神(おおやまづみのかみ) 山の神様として各地にお祭りされている大山津見神は様々なご神徳がありますが、実は天皇の寿命を縮めてしまう原因の一端を作った神様でもあります。
  • 伊邪那岐(イザナギ・イザナキ) 日本神話の国生みの神様、伊邪那岐について挿絵をつけて詳しく紹介。神世七代の神々の一柱。日本で最初の夫婦神として登場します。 記紀神話では、先に世に成された神々の「あの漂う国をよく修め、理(つく)り、しっかりと固めて成り立つように」と使命を受けて多
  • 大物主神 日本でも屈指の古社、大神神社の御祭神、大物主神。国の守護神である一方で、祟りなす強力な神とされており日本神話などでもしばしば大物主神の祟りとする神話があります。また、大国主命の和魂とされており、大国主命ともに国作りを完成させた神です。
  • 久々能智神 ありとあらゆる樹木をつかさどる男神 『久々能智神』について、詳しくご紹介致します。

古事記・日本書紀の神様一覧へ