古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと) 日本神話に登場する天孫・邇邇芸命の妻となった木花之佐久夜毘売命について、かわいいイラスト付きで詳しく紹介!
  • 少彦名命(スクナヒコナ) 大国主神とともに国づくりを行った小さな知恵もの、少彦名神について紹介します。
  • 櫛名田比売命(くしなだひめ) ヤマタノオロチ伝説でスサノオに救われ、スサノオの妻となったクシナダヒメ。実は稲田の神であるということは、あまり知られていません。
  • 須勢理毘売命(すせりびめのみこと) 一目ぼれで結ばれた夫を支え、ときに激しく嫉妬をし、離別の危機には仲直りを提案する女神。縁結びの神様・大国主神の正妻、須勢理毘売命をご紹介します。
  • 菊理媛神(くくりひめ) 日本書紀に登場する謎の神、菊理媛神(くくりひめ)をイラスト付きでご紹介。、菊理媛と北陸一帯に広がる白山信仰との関連性とは?
  • 天若日子(あめのわかひこ) 『うつほ物語』などの平安文学に登場するイケメンな神様。『古事記』や『日本書紀』では高天原を裏切った逆賊として書かれています。特に古事記では、葬送の描写としては最古の部類に入る記述として注目されます。
  • 豊受大神(とようけおおかみ) 伊勢神宮 外宮の主神として有名な豊受大神。 食物の神さまとして天照大御神の御饌の神として伊勢神宮に祀られる神様です。 元々は丹波国の神様であり天衣伝説などが残っています。
  • 宗像三女神 玄界灘の航海を守り国家から崇敬を受けた宗像三女神について詳しく紹介します。

古事記・日本書紀の神様一覧へ