古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

記紀の神様とは

古事記・日本書紀の神様について

記紀とは古事記日本書紀を合わせた総称で古事記の「記」と日本書紀の「紀」からとられています。

「記」「紀」ともに奈良時代に編纂されており古事記は国内向け、日本書紀は海外を意識した歴史書と言われています。

一般的な神社で祀られている神様のほとんどがこの記紀の神様です。

  • 吉備津彦命 桃太郎と言えば、岡山。岡山と言えば桃太郎。けど、なんで桃太郎は岡山? 実は、ちゃんとモデルがあったのです。そのモデルとなった神様、吉備津彦命の紹介です。
  • 櫛名田比売命(くしなだひめ) ヤマタノオロチ伝説でスサノオに救われ、スサノオの妻となったクシナダヒメ。実は稲田の神であるということは、あまり知られていません。
  • 火之迦具土神(ほのかぐつち) 国生み神話において伊邪那岐と伊邪那美の最後の子として登場する火之迦具土。 現代においても火伏せの神として秋葉神社や愛宕神社など多くの神社で祀られています。
  • 豊受大神(とようけおおかみ) 伊勢神宮 外宮の主神として有名な豊受大神。 食物の神さまとして天照大御神の御饌の神として伊勢神宮に祀られる神様です。 元々は丹波国の神様であり天衣伝説などが残っています。
  • 弟橘比売命 夫、倭建命の東征の際、水路を房州へ向かう途中の暴風雨で船が難破の危機に瀕する。弟橘比売命は嵐を鎮めるため、倭建命の身代わりとなり海に入水する。
  • 闇龗神(クラオカミ) 山の谷間に流れる川の神・クラオカミ。水に関することだけでなく、商売繁盛や縁結びの御利益も有しています。
  • 火遠理命(ほおりのみこと) 海幸彦・山幸彦の話で有名な、山幸彦こと火遠理命。現代まで続く皇室の系統における神々の血縁を語る上でも重要な位置を示しています。
  • 大物主神 日本でも屈指の古社、大神神社の御祭神、大物主神。国の守護神である一方で、祟りなす強力な神とされており日本神話などでもしばしば大物主神の祟りとする神話があります。また、大国主命の和魂とされており、大国主命ともに国作りを完成させた神です。

古事記・日本書紀の神様一覧へ