古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

速玉男命(はやたまのおのみこと)

速玉男命(はやたまのおのみこと)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【別名】
速玉之男神
速玉雄命

【ご神徳】
絶縁

【伝承地】
熊野(和歌山県)

【継続】
伊弉諾尊

【鎮座】
熊野本宮大社
杭全神社

【解説】

黄泉での縁切り

速玉男命は古事記には登場せず日本書紀にのみ登場する神様です。
日本書紀にはこう書かれています。

一書(あるふみ)に曰く
<伊弉諾尊が伊弉冉尊の腐乱した姿を見たところまで省略>
腐乱した姿を見られた伊弉冉尊は
「あなたは私の本当の様子をご覧になってしまった。私もあなたと同じようにいたしますよ。」
と仰せられた。
伊弉諾尊はその言葉に自分を恥じ、出ていこうとされた。そのときに誓われて
「もう離縁しようじゃないか」
と仰せられました。 (別の説では「うがらまけじ(お前には負けないぞ)と仰せられたという。)
その約束事の際に唾を吐かれました。
このときに生まれた神を速玉男命という。

古代にでは約束事の際に契約をより強くするため爪や血、唾などを交換したといいます。このような話は海幸山幸の話にも見ることができます。

ちなみに伊弉諾尊が黄泉との関係を断とうと、はらわれた際に生まれた神を「黄泉事解男(よもつことさかのお)」といいます。速玉男を祀っている神社では一緒に祀られていることが多いです。

熊野と速玉男

速玉男命を紹介するときに決して無視することのできない神様がいます。
それが熊野古道や熊野詣で有名な熊野三山の一つ「熊野速玉(新宮)大社」の主祭神である「熊野速玉大神」です。
同一視されてしまうことが多いのですが、熊野速玉大神は伊弉諾尊の別の名前であり、速玉男命とは違う神様であるとされています。
しかしながら「熊野本宮大社」で伊弉諾尊とともに祀られている「速玉之男神」は今回紹介した、いわゆる日本書紀に出てくる「速玉男命」と同じだといいます。

また、速玉男は熊野三山において三所権現の一柱とされており、「熊野権現御垂迹縁起」では熊野大社本宮旧社地である大斎原(おおゆのはら)に降臨した三つの月の両端の「両所権現」の一柱であるとされています。
熊野では他の神社と比べ神仏習合が著しく、各御祭神に対応する本地仏が存在し、速玉男には薬師如来が対応しています。

■この神様に関連する主な神話

【挿絵解説】
伊邪那岐、伊邪那美の離縁の際に吐かれた唾から生まれた神と言うことで切れた赤い糸(と和鋏)と水滴
服装は和服ですが、色のイメージはスーツです。契約って部分を強調した感じですね
【参考資料】
(文章参考)
日本書紀
熊野御垂迹縁起
熊野本宮大社公式HP
(挿絵参考)
日本書紀