邇邇芸命(ニニギノミコト)

ににぎのみこと

邇邇芸命(ニニギノミコト)

邇邇芸命(ニニギノミコト)の別名

  • 瓊瓊杵尊
  • 瓊々杵尊
  • 天饒石国饒石天津彦火瓊瓊杵尊(あめのにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ)
  • 天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命(あめのにぎしくににぎしあまつひこひこほのににぎ)
  • 天津日高日子番能邇邇芸能命(あまつひこひこほのににぎのみこと)
  • 天津日子番能邇邇芸命(あまつひこほのににぎのみこと)
  • 天饒石国饒石天津彦火瓊々杵尊(あめにぎしくににぎしひこほのににぎのみこと)
  • 天国饒石彦火瓊々杵尊(あめくににぎしひこほのににぎのみこと)
  • 天津彦国光彦火瓊々杵尊(あまつひこくにてるひこほのににぎのみこと)
  • 皇御孫(すめみまのみこと)
  • 天杵瀬尊/裒能忍耆命(ほのににぎのみこと)

邇邇芸命(ニニギノミコト)の御神徳

邇邇芸命(ニニギノミコト)の伝承地

  • 鹿児島県霧島市
  • 宮崎県西臼杵郡高千穂町

邇邇芸命(ニニギノミコト)の継続

  • 木花之佐久夜毘売命(妻)
  • 栲幡千千姫命(母)
  • 海幸彦(子)
  • 火闌降命(子)
  • 山幸彦(子)

邇邇芸命(ニニギノミコト)の鎮座

邇邇芸命(ニニギノミコト)の解説

ににぎのみこと

邇邇芸命(ニニギノミコト) 邇邇芸命(ニニギノミコト)

天照大御神と高木神から葦原千五百秋瑞穂を治めるように詔を受けた邇邇芸命。
天孫降臨の神様として記紀や風土記などの神話にも登場する神様です。

名前の由来

邇邇芸命正式な名前は、古事記によれば「天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸命」ととても長いお名前になっています。
そのお名前の意味は以下の様になっております。

天邇岐志国邇岐志=天地が豊かに賑わう
天津日高日子=天津神(高天原でお生まれになった神)
番能邇邇芸=稲穂が豊かに実る

天孫降臨

大国主命が葦原中津国(地上世界)を譲る国譲りに同意したため、天照大御神(あまてらすおおみかみ)は葦原中津国の統治に乗り出します。
葦原中津国の統治者として相応しい神様として天照大御神と高木神に選ばれた神様は、天照大御神の息子である天忍穂耳尊でした。

しかし、天忍穂耳尊(あめのおしほみみ)は自分の息子である邇邇芸命が相応しいと天照大御神と高木神にお答えになり邇邇芸命が天降る事になりました。
天孫降臨にあたり天照大御神は、邇邇芸命に3つの神勅を与えられてます。

■天壌無窮の神勅
葦原千五百秋瑞穂の国は天照大御神の子孫が王として治めるべき地であるので皇孫が行ってこれを治めなさい。天の神の靈統を継ぐ者が栄えることは、天地と共に永遠で窮まりないでしょう。
■宝鏡奉斎の神勅
宝鏡(八咫鏡)を天照大御神と祀りなさい。ともに床を同じく殿を共にして、斎鏡としなさい。
■斎庭の稲穂の神勅
高天原の稲穂を地上にもたらして育て、葦原中津国を高天原のような稔り豊かで安定した国にしなさい。

以上の神託と三種の神器(八咫鏡、八尺瓊勾玉、天村雲剣)、高天原の稲を持って天孫降臨に当たられました。天孫降臨は国津神である猿田毘古の先導のもと天児屋命、布刀玉命、天宇受売命、伊斯許理度売命、玉祖命、思金神、手力男神、天石門別神を連れて葦原中津国に降臨されました。

天孫降臨の地は文献によって様々な説があり定説はまだ定まっていません。

【天孫降臨の伝承地】
古事記:筑紫の日向の高千穂の久士布流多気
日本書紀:日向の襲の高千穂の添山峯
薩摩国風土記:日向の國贈於の郡、高千穗の漶生の峯
常陸国風土記:筑紫の日向の二上の峯
日向国風土記:日向の高千穂の二上の峯

日本書紀においては、邇邇芸命は真床追衾に包まれて降臨したとされることから邇邇芸命は生児の時に天孫降臨をしたとする説もあります。

木花之佐久夜毘売命と石長比売

天孫降臨の後、邇邇芸命は笠沙の岬で美しい娘に逢った。その娘は大山津見神の子で名前を木花之佐久夜毘売命といい邇邇芸命は求婚されました。
大山津見神は大変喜び、姉の石長比売とともに差し出しましたが邇邇芸命は石長比売を帰してしまい美しい木花之佐久夜毘売命と結婚されてしまいました。

それを受けた大山津見神は「娘二人を一緒に差し上げたのは、石長比売を妻にすれば天津神の御子の命は岩のように永遠のものとなり、木花之佐久夜毘売命を妻にすれば木の花が咲くように繁栄するだろうと誓約をしたからです。木花之佐久夜毘賣命だけと結婚したので、天津神の御子の命は木の花のようにはかなくなるだろう」と申されこれが寿命の起源とされています。

木花之佐久夜毘売命の懐妊

子を授かった木花之佐久夜毘売命は邇邇芸命にその事を報告します。
しかし、一日で懐妊した木花之佐久夜毘売命を国津神の子ではないか?っと疑います。

そこで木花之佐久夜毘売命は「お腹の子供が国津神の子ならば、きっと出産のときに無事では済まないでしょう。もしあなたの子ならば無事に生まれるはず」と言うと、出入口のない産屋を造り、室内を壁土で塗り込めると、その産屋に火を放った。

木花之佐久夜毘売命は海幸彦、火闌降命、山幸彦をご出産されるのです。
薩摩風土記逸文によると邇邇芸命が高千穂峰に降臨した後、木花咲耶比売以外にも竹屋守の女との間に2人の男児を産ませたと残っております。
邇邇芸命は薨去後「可愛之山稜」に葬られます。

文章担当清水 宏積

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 日向国風土記

挿絵担当 朔月 庵(元メンバー)

参考資料

  • 古事記

挿絵解説

なし

邇邇芸命(ニニギノミコト)に関連する神様

ににぎのみこと

邇邇芸命(ニニギノミコト) 邇邇芸命(ニニギノミコト)