阿加流比売神

あかるひめのかみ

阿加流比売神

阿加流比売神の別名

  • 赤留比売命
  • 阿迦留姫命

阿加流比売神の御神徳

阿加流比売神の伝承地

  • 大阪府
  • 大分県姫島

阿加流比売神の継続

  • 石の玉から変化したとされている

阿加流比売神の鎮座

阿加流比売神の解説

あかるひめのかみ

阿加流比売神 阿加流比売神

石から変化して生まれた阿加流比売神。
大分県にある小さな島「姫島」と大阪府に残る地名「姫島」どちらも阿加流比売神から由来した名前です。

石から生まれた姫

古事記日本書紀共に、朝鮮半島南部が舞台で、
石が女性に変化し、日本に逃げて比売碁曽社の神になったという話が書かれている。

 

<古事記>

新羅に「阿具奴摩(あぐぬま)」という沼があり、
この沼のほとりである女性が昼寝をしていた。

すると、太陽のキラキラとした輝きがその女陰を刺した。
すると女性はたちまち妊娠し、赤い玉を産んだ。

一部始終を見ていた男がおり、
その赤い玉を、女性に頼んで譲ってもらい、
それをいつも布に包んで腰にぶら下げていた。

男は、山中の谷のところに田んぼを作って働いていた。
谷で、牛に食べ物を載せて運んでいる時に、
新羅の王子・天之日矛(あめのひほこ)に出会った。

天之日矛は、男を怪しんで、牛を食べようとしているのだろうと誤解し、
捕まえようとした。

男は弁解したが、信じてもらえなかったので、
腰につけていた赤い玉を天之日矛に献上した。

天之日矛は男を許して、玉を持ち帰り、
床に置いたところ、玉は美しい女性に変化した。

この女性が、阿加流比売である。

天之日矛は、阿加流比売を妻にした。

阿加流比売は、夫をかいがいしく世話した。
しかし天之日矛は心驕り、妻をののしるので、
「私はあなたの妻になる女ではありません。
祖先の国に帰らせて頂きます」
と言って、

すぐに小船に乗って逃げ、
難波に留まった。
(難波の比売碁曽の社とされる)

天之日矛は、すぐに追いかけていって、難波に渡ろうとしたが、
海峡の神がそれを遮って入れさせなかった。

 

<日本書紀>

崇神天皇の御代のこと、
意富加羅国王の子である都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)が使っていた牛が
ある村の役人たちに食べられてしまい、その代償として、
その村でお祭りしていた「白い玉」を譲り受けた。

白い玉を寝室に置いておいたら、美しい娘に変わった。
喜んだ都怒我阿羅斯等が交わろうとしたところ、
娘は忽然と消えてしまった。

娘は東の方に逃げたということがわかり、
都怒我阿羅斯等はそれを追って日本国に入った。

逃げた娘は難波の比売語曾社の神となった。
または豊国の国前郡に至って比売語曾社の神となった。
二か所に祀られたという。

 

日本書紀にははっきりと「阿加流比売」という名前は出てこないが、
似通った話であることから、同一神であろうと推測される。

阿加流比売の話は卵生神話なのか

石から娘に変化した「阿加流比売」の話は、
卵生神話の一種と言われることがある。

とは言え、卵から生まれたのではなく
「石の玉から変化した」なので、少々違ったニュアンスであると感じる。

高句麗の始祖・東明聖王が卵から生まれたという話もあり、
古代朝鮮には、卵から人が生まれたとされる
卵生神話がいくつか見られる。

ただ、日本では卵から生まれたという話は
あまり例がないようで、
石を神聖視することが根付いていた日本では、
石の玉から変化する方が自然だったのかもしれない。

二つの姫島

日本書紀にあるように、阿加流比売神は
難波の比売語曾社と、
豊国の国前郡の比売語曾社、
二社で祀られたと伝えられている。

豊国の国前郡の比売語曾社は、
大分県の国東半島の北東に位置する小さな島「姫島」にある。

「姫島」とは、阿加流比売神から由来した名前である。

では、「難波の比売語曾社」はどこかというと、
大阪東成区の比売許曽神社ではないかと言われているが、
このお社では、現在は下照比売を祀っているため、定かではない。

 

大阪にも「姫島」という地名がある。

昔の大阪は「古代難波八十島」と言われるほど島がたくさんあり、
その中の一つが「比売島(姫島)」だった。

今はもちろん平地となり、「姫島」という地名が残った。
そこに鎮座する姫嶋神社の御祭神が、阿迦留姫命だ。

また、平野区にも赤留比売命神社がある。
今は杭全神社の境外末社だが、かつては、住吉大社の末社だった。

住吉大社というと、海とご縁の深い神社なので、
海を渡って来た「あかるひめのかみ」も
関連する存在として祀っていたのだろうか・・・

文章担当森田明子

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 比売語曽社由緒
  • 姫島ジオパーク構想
  • 姫嶋神社由緒

挿絵担当緋呂(ひろ)

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀
  • 姫嶋神社由緒

挿絵解説

横暴な夫に別離を突きつけ国へ帰る、という記紀のエピソードから、毅然と誇り高い女神の姿をイメージ。胸を張って正当な怒りを示す『 決断と行動の神様 』のお姿を表現しました。

阿加流比売神に関連する神様

あかるひめのかみ

阿加流比売神 阿加流比売神