古事記・日本書紀の神様

古事記・日本書紀の神様

饒速日命(ニギハヤヒ)

饒速日命(ニギハヤヒ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

にぎはやひ
【別名】
迩芸速日命、邇芸速日命、天火明命
天照国照彦天火明奇玉神饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと)

【ご神徳】
飛行機の神、病気平癒、呆け除、呪術の神

【伝承地】
大阪府交野市、大阪府東大阪市

【継続】
天忍穂耳尊(父)、栲機千々比売神(母)、邇邇芸命(弟)、登美夜須毘売(妻)、宇摩志麻治命(子)

【鎮座】
磐船神社(大阪府交野市)、石切劔箭神社(大阪府東大阪市)、物部神社(島根県太田市)、飛行神社(京都府八幡市)など

【解説】
十種の神宝を携え天磐船に乗って河内国に降臨された天孫 饒速日命。
物部氏、穂積氏、熊野国造ら有力な豪族の祖神としても有名で呪術の神様として信仰を集めます。

饒速日命の天孫降臨

天孫降臨といえば、邇邇芸命が猿田彦大神の先導で降臨した神話が有名ですがもう一つ天孫降臨の神話がございます。
日本書紀によれば神武東征に先立って邇邇芸命の兄にあたる饒速日命が天羽羽矢と歩靫、十種の神宝を携え天磐船に乗って河内国河上の哮ヶ峯に降臨されます。

また、先代旧事本紀「天神本紀」によれば天孫降臨の手順は以下の様になされています。

  1. 天照大御神が葦原瑞穂国に御子である天忍穂耳命を降臨させようとするが天忍穂耳命が御子 饒速日命をもうけたのでこの神を降臨させる事となる。
  2. 饒速日命は天磐舟に乗り河内国の河上哮峰に降臨され、大倭国の鳥見白庭山に遷り坐しました。
  3. 饒速日命が亡くなられる。
  4. 高皇産霊尊の使いである速飄神が降臨して饒速日命が亡くなれた事が高天原に知れる。
  5. 葦原中国が平穏でないため天穂日命などが降臨する。最後に降臨された武甕槌命と経津主命により出雲の国譲りが行われる
  6. 天忍穂耳命が降臨される事となるが邇邇芸命が生まれたため邇邇芸命が葦原中国に降臨する

十種の神宝

十種の神宝とは、天照大御神と高木神が神武東征のに先立ち降臨する饒速日命に授けた神宝で死者をも蘇らせる力をも持つされます

十種の神宝

■沖都鏡(おきつかがみ)
奥津鏡とも呼ばれており、栄えをもたらす。沖の方の海原の象徴やその海原に映る太陽の象徴とされています。

■辺都鏡(へつかがみ)
辺津鏡とも呼ばれ沖都鏡と同じ効力を持ちます。

■八握剣(やつかのけん)
邪な者に罰を与えます。

■生玉(いくたま)
生きる活力を与える。生命力の象徴で、生きている魂を表します。

■死返玉(まかるかえしのたま)
死者を蘇らせる力を持ちます。

■道返玉(ちがえしのたま)
魂を留め、蘇らせる力を持ちます。

■蜂比礼(はちのひれ)
はう虫、飛ぶ虫を祓い、その害を受けたときはそれを癒す力を持ちます。
■蛇比礼(へびのひれ)
はう虫、飛ぶ虫を祓い、その害を受けたときはそれを癒す力を持ちます。

■足玉(たるたま)
その形態を具足させるものです。

■品物比礼(くさぐさのもののひれ)
諸々の悪鳥、悪獣のみならず全ての妖を祓い、邪を退ける働きをもつもの

神武東征

饒速日命は地上に降り立つと土着の長髄彦の元に身を寄せて、その妹の登美夜須毘売と契りを交わして宇摩志麻治命をもうけて一族の主君となりました。
神武天皇が東征してきた時長髄彦は神武天皇より天孫の証として天羽羽矢と歩靫を見せられるますが2人も天孫が居るわけがないと神武天皇を拒絶します。

饒速日命は長髄彦を殺して神武天皇に大和国を献上いたします。
※先代旧事本紀においては宇摩志麻治命が長髄彦を殺害

饒速日命と物部氏

饒速日命は物部氏の祖神にあたります。
大和地方に神武天皇の前に出雲系の王権が存在したことを示すとする説や、大和地方に存在した何らかの勢力と物部氏に結びつきがあったとする説などがあります。

饒速日命が降臨したとされる河内国の磐船神社の一帯は河内物部氏の拠点されており同社は弥生時代には存在して神社とされ古くから物部氏の拠点であった事がわかっています。

■この神様に関連する主な神話
古事記 天孫降臨
古事記 神武東征


【参考資料】
古事記、日本書紀、先代旧事本紀

文章:和術師
挿絵:朔月 庵