ぬえ

鵺

鵺の別名

  • 恠鳥
  • 奴延鳥

鵺の御神徳

鵺の伝承地

  • 摂津国
  • 京都
  • 兵庫等関西地方

鵺の継続

  • 不明

鵺の鎮座

鵺の解説

ぬえ

鵺 鵺

平安時代に夜な夜な現れ、天皇を悩ませていた妖怪「鵺」。異形の姿の怪物はどのようにして現れていたのでしょうか?イラストつきでご紹介いたします。

正体不明の異形の怪物

「鵺」という妖怪を、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
頭は猿、体は狸で尾は蛇。そして手足は虎といういかにも異質な形をした妖怪。
そんな不明の物の怪は、日本中世の代表的な軍記「平家物語」に登場し、源頼政によって退治されています。

平家物語に登場する「鵺」

近衛天皇が夜な夜な悩まされていたのは、黒い雲に隠れ、悲鳴に似た声で鳴く得体の知れない怪物でした。
怪物は後に、「鵺」として認識されるようになります。
「鵺」は今では、トラツグミという鳥の異称でもありますが、古くは夜に人の悲鳴に似た声で鳴くため、凶鳥として忌まれていました。

そして毎晩丑の刻に、東三条の森の方から黒雲がきて、御殿を覆います。
夜な夜な続く不気味な声に、ついに天皇は床に伏せってしまいました。いろいろな手を尽くしましたが一向に治りません。
そこで、側近たちは弓の達人である源三位入道こと、源頼政に怪物退治の勅命を下します。

源頼政は、猪早太という従者とともに丑の刻まで待機し、やってきた黒雲に向かって矢を射ると「あやしきもの」が雲から落ちてきました。
それは頭が猿で体は狸、尾は蛇で手足は虎という形をしていたのです。また、その鳴き声は鵺に似ているものでした。
頼政はその怪物をばらばらに切り刻み、うつぼ船に入れて川へと流しました。
すると天皇の症状はみるみる回復したのです。

また、この怪物退治の功勲として、源頼政は「獅子王」という号の日本刀を下賜されています。

時代を経てついた名前

先に述べた「平家物語」に登場する怪物はあくまで、「鵺に似た声で鳴く得体のしれない怪物」であり、名前まではついておりませんでした。
本来「鵺」ではない怪物は、後に日本の猿楽師、「世阿弥」作の謡曲「鵺」で「鵺」の名を冠した怪物の亡霊として登場します。
そうした歴史的経過を通じて、やっと「鵺」として認知されるようになっていったのです。

文章担当ひとびろ(元メンバー)

参考資料

  • 平家物語

挿絵担当烏目ケイ

参考資料

  • 平家物語

挿絵解説

黒雲と共に現れる正体不明の怪物、鵺。
得体の知れない不気味な姿をイメージしました。

鵺に関連する神様

ぬえ

鵺 鵺