天探女

あめのさぐめ

天探女

天探女の別名

  • 天佐具女

天探女の御神徳

天探女の伝承地

  • 難波高津(比売許曽神社)

天探女の継続

  • 特になし

天探女の鎮座

和風デザインが強みなデザインとホームページ制作

天探女の解説

あめのさぐめ

天探女 天探女

天邪鬼のルーツとされる神・天探女。
もとは鳥獣の言葉を理解する能力を持つ巫女だった。
日本神話では珍しく、悪女として描かれた女神である。

天探女とは

天探女とは、高天原(たかまがはら)から葦原の中津国(あしはらのなかつくに)へ派遣された天稚彦(あめわかひこ)に仕えていた女神である。
天神(あまつかみ)から偵察を命じられてきた雉の鳴き声を聞き、天稚彦にデタラメを伝えてそそのかし、射殺させた悪女として描かれる。

天探女の物語

天探女の主である天稚彦は、天津国玉神(あまつくにたまのかみ)の御子。
国譲り神話の中で、二番目に大国主(おおくにぬし)のもとへ遣わされた。

高木神(たかぎのかみ)と天照大神(あまてらすおおみかみ)は、葦原の中津国へ遣わせた天菩比神(あめのほひのかみ)が3年も帰らないことを思兼神(おもいかねのかみ)に相談した。
結果、天に居る国土の神・天津国玉神の御子である天稚彦を派遣することとなる。
大国主は地上に居る国土の神。
同じ性質を持つ天稚彦ならば、大国主を説得しやすいと考えてのことだった。

天稚彦は『天之麻迦古弓(あめのまかごゆみ)』と『天之波波矢(あめのはばや)』を与えられ、天降ったのだが……。
こともあろうに大国主の娘・下照比売(したてるひめ)と結婚した天稚彦は、8年もの間、高天原に帰らないどころか何の連絡もしなかった。
野心家だった天稚彦は、大国主の婿として国を得ようと考えたのだ。

困り果てた天照大神に、思兼神は雉名鳴女(きぢななきめ)を遣わせようと進言。
命を受けた雉名鳴女は高天原より降って、天稚彦の家の門の湯津楓に止まり、詳しく天神の詔命(みことのり)を伝えた。

その詔命を聞いたのが、天探女である。
天探女は内容を理解したものの、主である天稚彦にはデタラメを伝え、さらにこう進言した。

「この雉は鳴き声が良くない。射殺してしまわれたらどうか」

うるさく鳴く雉を、天稚彦も邪魔だと思っていたのだろう。
天神から賜った矢と弓を使い、雉を射殺してしまった。

その矢は雉の心臓を突き抜けて、高天原の天照大神と高木神のところへ飛んできた。
矢を拾った高木神。
それに血がついていること、その矢が天稚彦に与えたものだと気づき、思案する。

「この矢が悪神を射たものであれば、天稚彦に当たるな。もし邪心があったなら、天稚彦に当たれ」
そう言いながら、高木神は矢を投げた。

矢は寝ている天稚彦の胸に当たり、命を奪ったという。

天探女の正体

天探女は鳥獣の言葉を聞き分ける能力を持っていた。
その正体は、特別な霊力を持つ巫女のような存在だったと考えられる。
また、神でありながら『命』『神』のような尊称が無く、呼び捨てにされている。
天稚彦をそそのかした悪女として描かれているからだと考えられる。

そういう悪いイメージもあり、天探女は日本神話では珍しい魔女的は性格を持つこととなった。
昔話『瓜子姫』に登場する悪役の天邪鬼は、天探女がルーツとされている。

天探女の身分

天探女の身分は、はっきりしていない。
天稚彦と共に高天原から降った『天神』とする説もあれば、もともと葦原の中津国に居た『国神』という伝承もある。
そのあたりも、この女神の二面性を表しているのかもしれない。

文章担当己未(きみ)

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵担当夏瀬

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵解説

天探女の二面性を表現してみました。

天探女に関連する神様

あめのさぐめ

天探女 天探女