須勢理毘売命(スセリビメ)

すせりびめのみこと

須勢理毘売命(スセリビメ)

須勢理毘売命(スセリビメ)の別名

  • 須世理毘売命(古事記)
  • 須世理姫神(先代旧事本紀)
  • 和加須世理比売命(出雲国風土記)

須勢理毘売命(スセリビメ)の御神徳

須勢理毘売命(スセリビメ)の伝承地

  • 滑狭郷 (出雲国風土記の記述。現在の島根県出雲市西南部)

須勢理毘売命(スセリビメ)の継続

  • 須佐之男命(父)
  • 大国主神(夫)

須勢理毘売命(スセリビメ)の鎮座

須勢理毘売命(スセリビメ)の解説

すせりびめのみこと

須勢理毘売命(スセリビメ) 須勢理毘売命(スセリビメ)

一目ぼれで結ばれた夫を支え、ときに激しく嫉妬をし、離別の危機には仲直りを提案する女神。
縁結びの神様・大国主神の正妻、須勢理毘売命をご紹介します。

スセリビメ生い立ち

須勢理毘売命は父を須佐之男命、夫を大国主神とする女神です。
出生について、古事記では須佐之男命の娘であること、父の主宰する世界である「根の堅州国」に住んでいたこと以外に明確な記述はなく、伝承も大国主の根の国訪問や神語りの場面のみとごくわずかです。出雲国風土記でも、大国主神が和加須世理比売命のもとへ妻問に訪れた際、社の前にある石について「表面が滑らかだなあ」と呟いた、という言い伝えがあるだけです。

須勢理毘売命に関わる神々

須勢理毘売命を紹介するにはまず、父である須佐之男命、そして夫である大国主神を紹介しなければなりません。

須佐之男命は三貴子の一柱ですが、高天原でさんざん悪戯をしたため、姉の天照大御神が天岩戸に引きこもってしまいました。
高天原を追放された彼は出雲の国へ降り立ち、八俣大蛇を退治して櫛名田比売命と結婚しました。
その後、六代目(※)に生まれたのが大穴牟遅神(のちの大国主神)です。

大穴牟遅神はあるとき因幡国の女神・八上比売に求婚し、みごとにその心を勝ち取りましたが、そのために恋敵であった八十柱もの兄神たちに命を狙われ、須佐之男命のいる根の堅州国へと逃げこみます。
そこで須勢理毘売命と運命的な出会いを果たすのです。

(※)古事記では六代目となっていますが、日本書紀では子とも七代目とも記されています。

結婚までの道のり

前述のように、須勢理毘売命は大穴牟遅神と根の堅州国で出会いました。
二柱は互いに目が合ったとたんに恋に落ち、その場で結婚をします。

しかし須佐之男命は娘の結婚(事後報告)に納得がいかず、婿に厳しい試練を課しました。
これに対して須勢理毘売命は夫を支援します。

・一日目の夜
(須佐之男命)蛇がいる寝室に閉じ込める
(須勢理毘売命)蛇を打ち払うひれを渡す
・二日目の夜
(須佐之男命) むかでと蜂がいる寝室に閉じ込める
(須勢理毘売命)むかでと蜂を打ち払うひれを渡す

このひれのおかげで大穴牟遅神は安らかに眠り、元気な姿で朝を迎えることができました。
また別の日には野原に入ったところへ火をつけられ、生存を危ぶまれましたが、ねずみのおかげで無事に試練を乗り越えます。

それを見て、さすがの須佐之男命も婿を認めないわけにはいかないと思ったのでしょう。
あるいは、夫は死んだと思って悲しんでいた娘の姿に心を打たれたのかもしれません。
婿を家に招き入れ、頭のシラミをとるようにと言いつけます。

しかしそれはシラミではなくむかで。
夫が困っているのを見た須勢理毘売命は、すぐさま椋の木の実と赤土を渡しました。

大穴牟遅神がその実をかみ砕いて土と混ぜて吐き出すと、一生懸命シラミを退治しているのだと勘違いした須佐之男命は「かわいいやつだなあ」とすっかり安心して寝てしまいました。

このすきに大穴牟遅神は須勢理毘売命を連れて逃げ出しました。
須佐之男命が駆け落ちに気づいた時にはすでに遅く、「兄たちを追い払い、大いなる国の主となるように、また須勢理毘売命を正妻にし、宇迦山のふもとに大きな社を建てて住むように」と悔しそうに叫ぶことしかできませんでした。

このように、夫婦はともに試練を乗り越え結ばれました。
また、大穴牟遅神は大国主神となり、須佐之男命という強力な後ろ盾をも手に入れることができたのです。

離別の危機と仲直り

根の堅州国から戻った大国主神は兄たちを追い払い、国造りを始めました。
須勢理毘売命も大国主神の国造りを支えたに違いありません。
しかし、夫婦はやがて離別の危機を迎えることになります。

原因は、須勢理毘売命がほかの妻に対して(当時は一夫多妻が多かったのです)激しい嫉妬を示したことでした。
彼女の嫉妬の激しさは、大国主神の最初の妻・八上比売が生まれたばかりの子を置いて帰郷してしまうほど。

本妻のあまりの嫉妬にほとほと困った大国主神は

「私は自分に似合う服を見繕って多くの供を連れ旅立ちます。いとしい妻よ、あなたは私が去っても泣かないなんて言うでしょうけれど、私がいなくなったらきっと泣くのでしょうね」(※意訳)

という意味の歌を詠んで家出を試みます。
すると須勢理毘売命は次のような意味の歌を返しました。

「私の大国主様、あなたは男ですからきっと旅に出ても行く先々に妻がいるのでしょう。けれどわたしは女ですから、あなたしか夫はいないのです。寝心地のいい布団の上で、わたしの手枕で、おやすみなさい。仲直りのしるしにお酒をどうぞ」(※意訳)

こうして夫婦はすぐに杯を交わして固く愛情を誓い合い、互いに相手の首に手をかけ親しみ合い今に至るまで鎮座しておられます(原文書き下しでは「項(うな)がけりて今に至るまで鎮座(しずまりま)す」)、とこの物語は締めくくられています。

夫婦和合の神

須勢理毘売命の物語には女性が持つ愛情表現の多様性や結婚生活における様々な局面が凝縮されているように思います。
出雲大社について問答形式で著された「出雲問答」(千家尊紀述、佐々木幸見・吉川賢太郎筆録/明治12年)には次のような記述があります。

(前略)天下経営にも大神を輔けまして大き功績を立給ひしは云うも更にて御威徳勝れ給ひて古事記にも頸懸(うなかけ)りて今に至るまで鎮座(しずまりま)すとありて御夫婦の御睦びいと美(うる)はしく御婦徳具(そな)はり給ひしなり

(訳:国造りをする大神(大国主神のこと)を助け、大きな功績をお立てになったのはもちろんご威徳も優れ、古事記にも「(大国主神と)互いに相手の首に手をかけ親しみ合い今に至るまで鎮座しておられます」とあるように、夫婦仲はたいそう良く、女性が持つべき徳を備えておられます)

出雲大社の摂社・大神大后神社に祭られた須勢理毘売命のご神徳について書かれたもので、
「頸懸りて今に至るまで鎮座す」という部分は古事記の表現そのままに語られています。
その意図はわかりません。しかし次に続く「御夫婦の御睦びいと美はしく」という表現が、単に夫婦仲がよかったのではなく様々な局面を乗り越えた上での結びつきなのだと思い出させてくれます。
そして、須勢理毘売命の持つ「婦徳」、すなわち夫を支える行動力や素直に仲直りできる強さが結婚生活には必要だということなのではないでしょうか。

結婚してから数々の試練を乗り越えた夫婦の姿は、神代の時代から「結婚がゴールではない」と語りかけてくるようです。

文章担当笑万

参考資料

  • 古事記
  • 出雲問答
  • 出雲国風土記
  • 先代旧事本紀
  • 日本書紀

挿絵担当伊助提督(元メンバー)

参考資料

  • 古事記
  • 日本書紀

挿絵解説

気の強い女性と言う印象があるので釣り目、ひれを渡したので布を纏ってヒラヒラしたデザインにしました。

須勢理毘売命(スセリビメ)に関連する神様

すせりびめのみこと

須勢理毘売命(スセリビメ) 須勢理毘売命(スセリビメ)