ウブメ

うぶめ

ウブメ

ウブメの別名

  • 産女
  • 姑獲鳥
  • ウブメドリ
  • ウバメドリ
  • ウグメ
  • ウーメ
  • ウバメ
  • ウンメドリ
  • オゴメ

ウブメの御神徳

ウブメの伝承地

  • 日本全国
  • 中国

ウブメの継続

  • 不明

ウブメの鎮座

  • なし(なし)

ウブメの解説

うぶめ

ウブメ ウブメ

難産で死んだ女の霊が妖怪化したものとされるウブメ。
その伝承は全国各地にあり、その地域で異なる。
様々な言い伝えを見てみよう。

多様な言い伝え

ウブメは日本全国に出没する妖怪。
一般的に、難産で死んだ女の霊が妖怪化したものとされる。
現れるのは決まって夜。
ウブメは道端や川沿いで赤子を抱いて泣いており、通りかかった者にその赤子を抱かせる。
抱かせる理由も多様で、成仏するために念仏を百万遍唱えたいからとか、トイレに行きたいからというものまである。
ウブメから受け取った赤子は手から離れなくなったり、石のように重くなったりするという。
動けなくなったところをウブメに襲われるとか、「その子を返せ」と迫られるとか、赤子と思っていたものが石だったり藁打槌だったり木の葉であったりする。
同じ妖怪とは思えない様々な言い伝えが全国各地にあるのがウブメの特徴だろう。

時代によって変化するウブメ

ウブメについての説話としての初見とされるのは『今昔物語集』で、源頼光の四天王である平(卜部)季武(たいらのすえたけ)が肝試しの最中に川でウブメから赤子を受け取るというエピソードがある。
この中ではウブメの正体について、「狐が人を謀るためになったのか、出産で死んだ女の霊がなったのか」とある。
室町時代の『むらまつの物がたり』では、夜に墓原などで聞こえる赤子の泣き声をウブメと呼ぶ。
江戸時代前期の『奇異雑談集(きいぞうたんしゅう)』では、懐妊した女性が難産で死んだものの、胎内の子は死なずに野で産まれると、母の魂魄が形になって夜に赤子を抱いて歩くとされ、抱いている赤子の泣き声を「うぶめなく」というと紹介している。
また、『奇異雑談集』では日本の【産女(ウブメ)】は中国の【姑獲鳥】に当たるとの説も書かれている。
その後、産女=姑獲鳥というイメージが定着し、姑獲鳥をウブメと読んだり、手が翼になった女性の姿で描かれるようになった。

中国の姑獲鳥と日本の姑獲鳥

姑獲鳥は中国の書物『慶長見聞集』『本草啓蒙』『本草記聞』『本草綱目』などに記述が見られる。
出産で死んだ女性が変化した鳥であり、夜に飛んで子に害をなすとされた。
日本でも918年の『本草和名(ほんそうわみょう)』に記されるなど古くから知られていたが、江戸時代まではあくまで鳥であり妖怪としての認識はなかった。
しかし、林羅山の『多識編(たしきへん)』では姑獲鳥に「うぶめどり」「ぬえ」と和訓がふられるようになった。
「夜のなき声」という共通点によって日本の産女と姑獲鳥は同一とされ、姑獲鳥=化け物の認識が広まったと考えられる。
鳥山石燕の『画図百鬼夜行』に姑獲鳥が描かれているのが証拠だろう。

全国各地のウブメ伝説

ウブメに関する伝承をまとめてみよう。

山口県豊浦郡
 妊婦が死んだ際は母と子を分けて埋葬しないとウブメになる。
愛媛県越智郡
 川で聞こえる赤子のような声をウブメと呼ぶ。夜に近くを通ると何者かが足にまとわりついてくるので、「これがおまえの親だ」と言って草履を投げると泣き止む。
九州地方
 海上の怪火を『ウグメ』『ウーメ』などと呼ぶ。幽霊船のようなものも同様。
秋田県
 ウブメから赤子を受け取ると怪力を授かる。こうして授かった力を『オボウヂカラ』と呼び、この力を持つ者は他の人が見ると手足が各4本ずつあるように見える。
長崎県島原半島
 ウブメから授かった怪力は代々女子に受け継がれていく。
山口県長門地方
 ウブメをウバメと呼ぶ。
茨城県
 ウブメ=ウバメドリ。夜間、外に子供の着物を干しておくと、ウバメドリが自分の子の着物だと思って目印に乳をつけていく。その乳には毒がある。
長崎県壱岐
 ウブメ=ウンメドリ。
三宅島
 ウブメ=オゴメ。 
その他
 ウブメは鬼神の一種。人命を奪う。夜間飛行して幼児を害する怪鳥で、鳴き声は幼児に似ている。
 中国の荊州に多く生息。毛を着ると鳥に変身し、毛を脱ぐと女性の姿になる。
 他人の子を奪って自分の子とする習性あり。子供や、夜に干された子供の着物を発見すると血で印をつける。印をつけられた子供はたちまち魂を奪われ病気になる。これを『無辜疳(むこかん)』と呼ぶ。
 姑獲鳥=夜行遊女、天帝少女。

ウブメとは

民俗学的見地からすると、口承文芸より派生した産物にすぎないとされる。
だが、これだけ古くから広い範囲で伝承が存在するということは、日本人の魂に深く刻まれた妖怪なのだろう。
生きて子を抱けなかった母親の無念は、いつの時代も同じなのだと言える。

文章担当己未(きみ)

参考資料

  • 『妖怪事典』『うぶめの系譜』

挿絵担当しわ

参考資料

  • 『百怪図巻』『画図百鬼夜行』

挿絵解説

子を想う母の念より出ずる妖怪ウブメ。恐ろしくも悲しき母の念は、様々な形で日本全国に語り継がれています。

ウブメに関連する神様

うぶめ

ウブメ ウブメ